メディシンボールを使ったトレーニング

砲丸投げの選手で、メディシンボールを使ったトレーニングをしている人も多いかと思います。
体のねじりなどの投げ動作の技術を身につけたり、必要な筋力をつけたりするには、メディシンボール使ったトレーニングが役に立ちますからね。

 

メディシンボール

 

そして、砲丸投げの2種類ある投法のうち、回転投法は小柄な選手に向いていますが、体をターンによって回転させることで力を生み出し、砲丸に伝えて投げます。
その為、ターンにより長い距離をかけてパワーを増幅させることが必要。

 

 

つまり回転投法はターンによる加速距離を長くとることが目的になるとも言えそうです。
そこで、メディシンボールを使って、その際の足さばきや回転の感覚を養いながら、体のねじりをしっかり意識して投げ動作のトレーニングするといいかと思います。

 

 

そんなメディシンボールを使った投げ動作の技術トレーニングの一つとしては、まず両手で胸の前で持ち、両足を前後に開いて重心を落とします。
この時はボールは胸の前で両肘を左右に張るようにして持ちます。

 

 

そうすることで、上半身が起きても顔が上にあがり方向感覚も見失いですみます。
その後、右脚に重心を乗せ、それを軸にして左足を右方向に回転させていきますが、軸足の右足は親指の付け根を支点にすることで回りやすくなります。

 

 

最後に半回転をして左足をついて上体の後ろの方に向けます。
注意点としては、ボールを持った上体が下半身より先に行くようになってしまう動きは良くありません。

 

 

足をしっかりさばいてから腰が回転し、その後に上体がついてくるようにすることが大切です。
そうすることで体のねじりを作ることが出来るからです。
また、体は回転させますが、砲丸自体はサークル内では回転させず、どちらかというと投てきする方向に真っ直ぐに行くイメージです。

 

 

そして、ターンによって生まれたパワーをロスなく砲丸に伝えていくように、メディシンボールを使って投げ動作の技術トレーニングしていくといいかと思います。

 

 

いずれにしても、せっかくトレーニングするなら気をつける点などを意識しなら、効果的な方法をやったほうが効率的に投げに必要な筋肉も技術も高められるでしょう。

 

砲丸投げ上達革命の詳細を見てみる >>