回転投法のメリット、デメリット

砲丸投げの2種類ある投法のうち、身体をターンさせて回転させることでパワーを作り、それを砲丸に伝えて投げるのが回転投法ですね。

 

回転投法

 

サークルの後方で投てき方向に背中を向けて、足を肩幅よりやや広くして立ち、腰をひねって右脚に重心を乗せ、振りかぶったところから真っ直ぐに伸ばした左腕を先行させるようにして、左側に回転を始めます。

 

 

脚と上半身(体幹)を先行させる動作をすることで、一瞬、上半身に逆向きの力が加わりようになります。
このひねりが最大になった状態がパワーポジションになり、上手くタイミングを合わせて砲丸を突き出すようにして投げます。

 

 

グライド投法と比較した場合、より長い距離をかけてパワーを増幅させることが出来るということがメリットだと思います。
この時は、出来るだけ水平にターンをすることが重要と言われています。

 

 

このように振り切るような感じでリリースするようになるので、好記録が期待でき、現在の世界トップ選手の多くは回転投法ですが、一方でタイミングがとりにくいという難しさがあるでしょうね。

 

 

その為、ファールになったりするリスクもそれだけ高くなることがデメリットと言えると思います。( ゚Д゚)
だから、イメージトレーニングやターンの反復練習などを行って、正しい動き方を覚えられるように基礎と技術練習をしっかり取り組むことが記録を伸ばすうえでも大切になってくるのかなと思います。('ω')ノ

 

合わせて読みたい関連ページ

砲丸投げのフォームのポイント